生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

転職

やりたい事を仕事にしたい | バーテンダーってカッコイイ

更新日:

学生時代は将来バーテンダーになりたいと漠然とイメージしてましたが、結局サラリーマンになってしまった。それから約20年、ちょっと形を変えて実現した話。

目次

 

学生時代になりたかった職業

大学三年生の冬。周りはボチボチ就職について考えるようになってくる。ボクは田舎の大学に通っていた。そんなワケで情報が全くなく、就職?なにそれ、美味しいの?その程度のノリだった。当時、すでに社会人だった彼女から就職について聞かれた

 

彼女「あんた、就職どうすんの?」

ボク「あー、んー?仕事しなきゃだめ?」

彼女「ダメ」

ボク「朝起きるの苦手だから、夜から仕事したい」

彼女「そんなんないわ〜」

ボク「バーテンダーになる」

彼女「アカン、稼げないんだから。サラリーマンになり」

そんなワケで本当はバーテンダーになりたかったが、彼女の反対にあっさりと降伏し、リクナビを開いて就職活動を開始した。1年後、サラリーマンの完成。

完成したときには報告したい彼女はいなかった。多分、イケメンのバーテンダーのところにでも言ったんだろう。サラリーマンになったキッカケはヒドイものだ。

 

ビットコイン騒動

そんなある日、ボクの誕生ということで昨年から騒がれていたビットコインで稼いだという古くからの友人がガールズバーでおごってもらうことに。

ガールズちゃん達はボクが誕生日ということでスペシャルドリンク(何が入っているかわからない)を持ってきて、ボクはそれを飲まされた。その次の記憶は翌日の午前中。会社からの電話で目が覚めた。

「シュートの特訓をしていた」と言い訳したが上司には全く通用しなかった。

 

ガールズバーの店長に

その日の仕事が終わり、帰ろうとするとLINEが入っていた。昨日の友人からだ。

「昨日は楽しかったな!ということでガールズバーの店長!ヨロシク!」

 

??

??

??

 

ガールズバー?店長?誰の話だ?間違ってLINEしたのか?状況がサッパリつかめず、友人に電話した。ボクが意識をなくしている間に重要なことが決定されていたようだ。

話の流れはこんな感じだ(聞くところによると)

 

友人「オレ、こんな感じのガールズバーやりたいんだよ。ビットコインで資金できたし、これから準備すすめるんだが、お店の管理できる店長いないかな~」

ボク「えっ!?もしかしてガールズの面接とかやっちゃう店長?いいな、いいな~。楽しそう」

友人「えっ!?じゃあ、やる?」

ボク「いいの??やる、やる~」

 

おいおいサラリーマンなのにこんなの引き受けて大丈夫か?スペシャルドリンクの怪しい効果にマンマとやられOKを出していたかと思うと怖いものだ。

ということで、今はサラリーマンやりつつガールズバーの店長やってます。バーテンダーのようにお客さんと話す機会は少ないけど、昔やりたかったことが実現できて、それはそれでありだなと思う。20年かけて実現したハナシ。

 

その後

ガールズ達から「女装してお前もガールズやったら?」とナゾのプレッシャーをかけられて、夢のバーテンダーから遠ざかる日々。バーテンダーへの道は険しい。

 

オススメ

ボクのようにナイトワークでガッツリ稼ぎたいという方はこちらオススメです。ウチの店も掲載しているのでどこかで会えるかも?(笑)

昼間のお仕事を探している方でしたらリクルートさんがやはり知名度から言っても一番オススメ。無料で相談員もついて仕事先も紹介してくれますので。

おすすめ記事一覧

1

課長島耕作を読んで思ったのは主人公は島耕作ではなく中沢部長に違いない。   目次目次1 目次2 課長島耕作3 上司に恵まれない島耕作4 中沢部長5 救世主6 まとめ7 オススメ   ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

新入社員の頃、無能な上司のもとで働きたくないと言って辞めていった先輩。 社会人十数年経った今、先輩に伝えるとしたら「アホ!どこ見てるじゃ、ボケ」と言ってあげたいものだ。   目次目次1 目次 ...

-転職

Copyright© 生活レベル上げ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.