生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

自営業

フリーランスの実態を紹介 | 無限の可能性と創意工夫の世界

投稿日:

フリーランス丸4年経験してる筆者からそのライフスタイルをご紹介。

これから目指す人、フリーランスで行き詰まりを感じている人の参考になれば幸いです。

 

 

目次

 

 

仕事編

まずは仕事編。

サラリーマン時代いかに無駄な仕事を抱えて忙しい、忙しいと言っていたかがよくわかるようになります。

 

 

サラリーマンと違う仕事内容

自営業とサラリーマンで大きく異なるのは、組織運営。

自営業は組織というものがほとんど存在しない。

 

(一部の自営業ではやれ交流会だの、名刺交換だので人脈づくりにいそしんでる人もいるが。)

 

サラリーマンは組織の中で仕事をしていくわけだ。

すると、協力、根回し、相談、報告、その他人間関係構築(飲み会)に圧倒的に時間を取られる。

一つ一つは微々たるものかもしれないが週単位、月単位でみるとかなりの時間。

 

 

自営業になってボクはそのほとんどがなくなった。

おかげで1日に2~3時間仕事したら大体の成果は得られるようになった。

 

いかに組織を円滑にするための時間で取られてたかがよくわかる。

 

1日2~3時間になっていいなと思うのは最初の1か月ぐらい。

新しい問題点を抱えることとなる。

 

複数仕事を抱えるときの注意点

サラリーマン時代は10時間~12時間ぐらいは会社仕事が当たり前。

それが急に時間ができてしまうのでどう時間を埋めていいのやら。

 

午前中には仕事終わっちゃうからビールでも飲んでのんびりもできるが。

そんなのを半年も続けてたら完全に脳みそが腐る。

5年後には廃人になって仕事もおぼつかなくなる。

できれば避けたい。

 

 

本業にさらに力を入れるというのもありだがリスク分散という意味では他の仕事を始めることをオススメしたい。

 

マーケターとしての仕事を本業にしているがいつ廃れるかわからない。

(まあ、この仕事の性格上廃れることはなさそうな気もするが)

 

他にも収入を作れる仕事を持っておくことで廃業のリスクを排除できる。

 

現在はブログやアフィリエイト、投資もやっている。

 

この時のポイントとして大事なのは時間や場所に影響を受けない仕事をオススメしたい。

時間や場所に縛られる仕事だと融通が利かなくなる。

本業がおろそかになる恐れがある。

 

パソコン1台あればどこでもできる、いつでもできる仕事をオススメしたい。

またはこれからという人は勉強の時間に充ててもイイと思う。

パソコン1台で勉強なんていくらでもできるから。

 

ボクは全体の収入の1~2割程度は本業以外で稼いでいる。

 

 

プライベート編

続いては仕事以外のライフスタイルを紹介。

 

休日の作り方

自営業は年中休みのようで年中仕事のような職業。

元来真面目な日本人は後者になる人の方が多いような気がする。

ボクはスタートして3年間は後者だった。

少しでも時間があれば仕事。

土日、祝日、ゴールデンウイーク、年末年始もガンガン仕事。

 

ロボットにもメンテナンスが入るように人間にもメンテナンスが必要。

4年目にようやく気付き今は平日の夜と土日は仕事をしないように決めた。

 

 

なぜサラリーマン時代と同じような働き方にしたか。

理由は大きく二つ。

 

①自分以外の人たちは土日休みが多い

②イベント、行事も土日休みが多い

 

 

それでは平日の夜、土日を使って何をしているのか次に紹介していく。

 

仕事に間接的につながる趣味

それまで3年ぐらいは仕事ばっかりしてきて趣味と呼べるものがなかった。

幾つかチャレンジして定着しつつある趣味を紹介。

 

 

①旅行

新しい場所に行くことや普段のルーティンを壊すことを主目的としている。

そうすることで新しい発想、アイデアを生み出したり。

あとはブログのネタにもなる。

お一人様プランも近年は充実しており大晦日のお一人様ツアーも検討中(笑)

 

月に1回程度出向くようにしている。

 

 

②ピアノ

脳の活性化、ボケ防止。

あわよくばピアノ講師で小遣い稼ぎ。

さらにあわよくば美人のピアノの先生と仲良くなったり(笑)

 

ピアノの経験はゼロ。

現在は音楽教室に通って月に二回先生に怒られまくってます。

すると謙虚さを大切にできるし、

自分に出来ないことに気付くこともできる。

 

自営業、会社の社長な何かと偉そうになりがち。

まあ自分の力で切り拓くことができるわけだからすごいんだけど、謙虚さを失うと失速するのも早い。

 

習い事を通じて未熟さをしったり誰かに叱られる機会があることも大事。

 

 

③ウエイトトレーニング

これは健康管理の一環として。

30代後半になると健康状態で仕事のクオリティが変わってくる。

クオリティが下がってきたら自分の健康を見直す機会を。

 

時間をかければなんとか完成するという考えは20代のうちに終了したい。

ボクは気づくのに随分と時間がかかってしまったほうなので。

 

 

まとめ

フリーランスの実態いかがでしょうか。

 

時間が自由になれる。

誰の指示を受けなくてよい。

 

こんな御触書でフリーランスを始める人も多いかと思いますが同じビジネスマンとして最低限の気遣い、心がけは必要ですよね。

と言いつつボクも曖昧な要件定義書を前にこないだもブチ切れましたが(笑)

 

自分で工夫して仕事をしたい人

無限の可能性に手を伸ばしてみたい人

 

フリーランスにピッタリです。

チャレンジしてみてください。

 

 

 

宣伝

フリーランスを始めるなら仕事を紹介してくれるところに応募してみましょう。

人材不足で仕事の引き合いは多いです。

 

 

おすすめ記事一覧

1

課長島耕作を読んで思ったのは主人公は島耕作ではなく中沢部長に違いない。   目次目次1 目次2 課長島耕作3 上司に恵まれない島耕作4 中沢部長5 救世主6 まとめ7 オススメ   ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

新入社員の頃、無能な上司のもとで働きたくないと言って辞めていった先輩。 社会人十数年経った今、先輩に伝えるとしたら「アホ!どこ見てるじゃ、ボケ」と言ってあげたいものだ。   目次目次1 目次 ...

-自営業

Copyright© 生活レベル上げ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.