生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

健康

健康オタクになろう | まずは月2万円の健康への投資

投稿日:

最近、めちゃくちゃ健康に気を付けるようになった。

お金も時間も健康にかける割合がどんどん増えている気がする。

 

 

目次

 

 

 

暇人は体のガタに気が付く

1日2時間の仕事量だとハッキリ言って暇だ。

それでいて収入は毎年上がっているからこれ以上無理に詰め込むことはしない。

毎朝、午前中に、早ければ7時には仕事が終わっている。

 

「さあて今日は何しようかな?」

昼飯くって、一眠りしてあとに考える。

 

映画を観にいったり、小説を読んだり、最近は遊びに出かける、飲みに行くことも多い。

睡眠時間も十分とれている。

すると、気になってくるのが体のガタ。

 

腰痛、肩痛、息子の元気がない。これは40を前にしたオレが感じている体の変化。

20代と同じようなコンディションというワケにはいかないのだ。

 

無理してきた過去

30代前半はかなり無理してきた。

 

24時まで仕事をしてそれから一杯飲んで帰ると午前3時。

一眠りして6時に起きて、シャワーして仕事に出かける。

 

 

20才そこそこの若造がするならいざ知らず36のおっちゃんがやってたらそれはマズい。

その時は勢い、テンションで何とか乗り切ってきたがやはり体にガタは来る。

 

知り合いだと耳に障害が出て左側は音が拾えなくなった。

血便、血尿などという人も見てきた。

ストレスと言う意味では飲み過ぎ、食べすぎでお腹周りが大変なことになってるおじさんもいっぱいいる。

成人病と呼ばれる類を疑われ始めるのもこれぐらいの年齢からだ。

 

しこたま飲んだあとにラーメンを食べたい気持ちもわかるが基礎代謝が落ちている30代でそれは確実に体に負担をかけている。

 

 

現在取り組んでいるメニュー

というワケでガタを早めに直して同じクオリティの仕事ができるようにしている。

大きく、運動、食事、サプリメントに分けてご紹介したい。

 

運動

散歩を取り入れている。

週三回程度。

夏場はほとんどやっていなかったが涼しくなってきたので再開。

ジムも半年ほど通っていたが継続しなくなったので一旦断念。

継続できる内容が望ましい。

ライザップ的な発想は続けられるのであればいいがあまりオススメはしない。

まだまだ30年、40年はお世話になる体なので。

 

 

食事

タンパク質を中心とした食生活。

炭水化物(糖類)と油を控えめに。

野菜を摂取するのを推奨する人がいるが野菜から栄養を採るのは難しい。

ビタミン、ミネラル類は後述のサプリメントでの摂取をオススメ。

お腹を膨らませて食欲を落とすと言う意味で野菜はオススメ。

とんかつ食べる前にキャベツの山盛りを食べておくみたいに。

 

 

 

サプリメント

食事ですべての栄養を満たすとなると相当悩む。

金額がどんどん上がるし食べられるものも限定されつまらない食生活になる。

なのである程度はサプリに頼る。

月2万円ぐらいはかけている。

 

・エナジードリンク系(朝一に飲んで目を覚ます)

・青汁系(ビタミン、ミネラル、食物繊維)

・亜鉛、マカ、シトルリン(夜の元気の源)

 

 

 

まとめ

健康に気を使い始めると時間とお金がかかる。

暇な人だからできるというのもあるが30年、40年仕事を楽しく続けたいのであればある程度の投資もやむなし。

 

無気力、思考停止、年中体調不良のオジサンにクオリティの高い仕事はムリです。

 

 

オススメ

仕事に余裕を。

自分には無理だと思わずまずはエージェントに相談してみましょう。

BTCエージェント forコンサルタント

おすすめ記事一覧

1

落とし物を時々拾うことがあるのですが、そんなときに偶然遭遇したラッキーチャンス。日頃いい行いをするものですね。今日はいつもよりは真面目なハナシです。   物をよくなくす性格目次1 物をよくな ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

夏の高校野球100回大会が終わった。 決勝戦では大阪桐蔭が圧勝したものの、翌日以降メディアで扱われるのは金足農業。 えっ!?大阪桐蔭は春夏連覇だよ。しかも2回目だよ。 強い人よりも成長していく人の方が ...

-健康

Copyright© 生活レベル上げ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.