生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

メディア論 映画・ドラマ・アニメ

コンテンツにわかりやすさは大事 | ハウルの動く城は、、、

更新日:

ハウルの動く城をテレビでやっていたので見たが分かりにくい。

「オレの2時間半を返せ」と終わった瞬間の感想。

内容をシンプルに、わかりやすいキャラクターデザイン、伝えたいことは一つに。

 

目次

 

 

 

金曜ロードショーは3週連続ジブリ

夏休みの金曜日に3週連続でスタジオジブリの作品を流すようだ。

その前は細田守監督の映画を流していたし、アニメがコンテンツに占める影響は半端ない。

 

 

アラフォーにもなってアニメみて喜んでいるのもいかがなものかと思いつつ、売れるコンテンツ、人気のコンテンツ、を勉強するためにテレビを付ける。

 

ハウルの動く城

最後のシーンは主人公が笑顔になっているからハッピーエンドなんだろうなと思ったが、なんで??

というのが率直な感想。

 

それなりに人生経験を積んできてある程度の常識も持っているつもりだがそれをもってでも理解に苦しむ。

 

その1 主人公はかわいい

冒頭10分ぐらいで10代そこそこの主人公の女の子がおばあちゃんになります。

自分の見た目が醜いことをずっと悩んでいるからおばあちゃんにさせられたらしいのですが、、、いや普通にかわいいし。

 

おばあちゃんになるまえの写真がこちら。

 

 

でしょ??

この面構えで見た目に自信がないって言われてもちっとも感情移入できないわ。

主人公の屈折した悩みが映画のメインテーマらしので終始理解に苦しむ。

 

その2 戦争映画?

途中から主人公のいた街は戦争に巻き込まれます。

 

 

これは戦争をテーマにした映画なのかな?と、思って見ていたが特にこれと言った結論はない。

登場人物も色々でてきます。

 

国の王様、魔女、魔女の手下になってしまったお母さん。

戦争の相手となっている隣の国の王子様。

 

誰と戦っているのか?

どうやってハナシを終着させていくのか見ていたが、、、エンドロールが流れていた。

 

コンテンツの難しさ

スタジオジブリといったら大手アニメーション会社だ。

千と千尋の神隠し、もののけ姫、崖の上のポニョなどなど名作を上げたらきりがない。

ファンもこれまた非常に多い。

同じ映画を2回、3回見に行く人も多いと思う。

がしかし、ボクらのような一般人もまた見るわけだ。

 

これだけ理解に苦しむ映画だと次回作に難色を示すのではないか。

 

面と向かってコミュニケーションをとる会話の場合は理解できていないのが表情で読み取れるが、

製作者の手を離れるコンテンツとなるとそうはいかない。

 

感想を書くなんてファンの一部だけだろうし。

面白くなかったなあという人は寝て次の日には忘れているのがオチだ。

 

それだけにコンテンツを作る側はもっと慎重に作るべきだと思う。

 

 

・内容はわかりやすいか?(小学生でもすんなり理解できるか?

・キャラクターデザインは相手に与えるイメージと一致しているか?

・伝えたいことを絞っているか?

 

 

思っている以上に人には伝わりにくいのがコンテンツを作る前提として持っておくべき。

それは映画だけに関わらず、本、雑誌、新聞、ラジオ、もちろんブログも同じだ。

 

人の振り見て我が振り直せではないが、自分のブログもより分かりやすさを大切にしようと思った。

 

まとめ

主人公は18歳の設定のようだ。

かわいいなんて思ってしまうあたりアラフォーのロリコン化が一層進んでしまっているようだ。

いつまでも結婚できない理由もわかった映画です(笑)

 

 

おすすめ記事一覧

1

落とし物を時々拾うことがあるのですが、そんなときに偶然遭遇したラッキーチャンス。日頃いい行いをするものですね。今日はいつもよりは真面目なハナシです。   物をよくなくす性格目次1 物をよくな ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

夏の高校野球100回大会が終わった。 決勝戦では大阪桐蔭が圧勝したものの、翌日以降メディアで扱われるのは金足農業。 えっ!?大阪桐蔭は春夏連覇だよ。しかも2回目だよ。 強い人よりも成長していく人の方が ...

-メディア論, 映画・ドラマ・アニメ

Copyright© 生活レベル上げ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.