生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

不動産

不動産屋の選び方 | 自分がカモネギにならないように

更新日:

不動産屋さんのセミナーに参加した。

銀座の一等地にオフィスを構えており交通の便はいいのだが金かけすぎではないか?

不動産屋の営業内容を見て適切なパートナーを見極めたい。

 

 

目次

 

 

 

不動産屋のセミナー

タイトルからしてマユツバもの感が半端ないが、不動産で不労所得をと考えているので参加。

売り込まれたらサッサと帰ろうと心に誓いオフィスのドアを開けた。

 

銀座の一等地にある広々としたオフィス。

セミナー会場。

 

※イメージ

 

受付は若くてきれいなお姉さん。

※イメージ

 

配られる資料のなかでひときわ目立つ立派な紙で作られた会社案内。

※イメージ

 

立派なんだが、立派なんだが、、、怪しい。

これだけの宣伝広告費はどこから捻出されているのだろうか。

ついつい疑り深くなってしまう。

 

 

20年~30年レベルで考える不動産賃貸経営

投資は数多くあれど不動産でかつ家賃収入で稼ぐ賃貸経営は時間のかかる投資だ。

資産さえ持ってしまえば大した知識もなく安定した収入を得られる。

老後の生活費にと考えている人も多いと思う。

 

 

がしかし、普通のサラリーマンが資産を構築するのは並大抵のことでない。

ボクなんかも普通に生活しているようで月末になると財布がすっからかん。

資産を作り出すお金なんてちっとも残っていない。

なんなら月末の飲み代を捻出するのでさえ頭を悩ませているぐらいだ。

 

セミナーでもサラリーマンが資産形成するには10年~20年単位で考えるべき。

そこからようやく毎月20万円程度の収入。

 

時間のかかる話だ。

それだけに業者選びはものすごく大事になる。

長くお付き合いできる業者に依頼したいものだ。

 

が、しかし、宣伝費にモリモリお金をかけている業者。

どう考えても長くお付き合いできそうなイメージが湧かない。

 

危険な不動産屋

宣伝費にお金をかけるということはそれだけ新しいお客さんを探しているということ。

新しいお客さんを見つけて物件を売り付ける。

不動産屋は物件の売買が成立した時に売主、買主の両方から物件代金の3%を手数料として受け取ることができる。

 

そして、新しいお客さん=知識が乏しいお客さん=カモ

 

 

マーケットの大きさからしても初心者が一番多いので営業戦略としては正しいが。。。

 

長くお付き合いできる不動産屋の見極め方

上記の不動産屋の逆をいくパターンが一番オススメ。

あまり宣伝費にお金をかけていない。

小さい会社。(大きい会社は小回りが利かない、融通が利かない)

 

営業マンガ不動産で資産形成できている。

(お得です!と声高に叫んでいながら自分はやっていないパターンは危険)

 

これらのポイントを押さえている業者に依頼するのが一番だ。

が、問題は宣伝をあまりしていないので素人では見つけられない。。。

業界に精通している人に紹介してもらうしかないだろう。

 

 

 

まとめ

家賃収入を考えている人は業者選びに時間と手間ひまをかけるべし。

いい業者を見つけて資産構築を始めていこう。

 

 

おすすめ記事一覧

1

落とし物を時々拾うことがあるのですが、そんなときに偶然遭遇したラッキーチャンス。日頃いい行いをするものですね。今日はいつもよりは真面目なハナシです。   物をよくなくす性格目次1 物をよくな ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

夏の高校野球100回大会が終わった。 決勝戦では大阪桐蔭が圧勝したものの、翌日以降メディアで扱われるのは金足農業。 えっ!?大阪桐蔭は春夏連覇だよ。しかも2回目だよ。 強い人よりも成長していく人の方が ...

-不動産

Copyright© 生活レベル上げ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.