生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

不動産

19年→6年→3年 | 不動産のレバレッジの魅力

更新日:

不動産収入を作るセミナーに参加してきた。

サラリーマン対象となっていたので一生懸命サラリーマン風を装って。

資産を早く作れる人はレバレッジが効くので早く豊かになれるなと当たり前のことを実感。

 

目次

 

 

 

19年→6年→3年

数字だけ並べるとなんのこっちゃいな?という感じだ。

月8万の不動産収入を作り出すまでの期間を示している。

 

 

1軒目の資産を作るまでが20年弱とクソ長いが、2軒目、3軒目は一気に早くなる。

なぜかというと、1軒目の資産が完成したら2軒目の構築に向かうのだが、そのときに1軒目の収益を2軒目に当てることができるからだ。

 

、、、当たり前やん(笑)

 

と、思った方。正解!

ボクはそんなことも気づかずなんとなく不動産収入を得たいなあと思っていたタチ。

自分の脳みその空っぽさに呆れる。

 

が、知った以上、やはり早く資産構築をせねばと感じた。

 

サラリーマン向けの不動産収入のカラクリ

サラリーマンは銀行からお金を引き出しやすい。

銀行は未だに正社員絶対安定説を唱えているから。

 

自営業にはクソ厳しい。

経費を入れまくって収入を少なく見せている自営業にはなお厳しい。

どちらが豊かな生活をして、どちらが本当の安定なのか銀行に見極める力はない。

結局、うん十年前の正社員>自営業を未だに信じてお金を貸している。

 

そんなバカな集まりが銀行だからスルガ銀行のような不適切融資1兆円。。。

ハナシが脱線してきた。

一旦戻そう。

 

 

銀行から引き出しやすいサラリーマンを使って不動産をやたらめったら買わせようとするのが、不動産業界の輩。

企業はどこも内部留保として現金を溜め込んで、昔のように不動産を買ってくれなくなった。

しょうがない、BtoCで不動産を売っちまおうと。

 

サラリーマンは全額融資を受けてワンルームタイプのマンション経営始めましょう。

さすれば元手をかけずスグに不動産経営始められます。

でも本当に儲かるのは20年後、月8万円だけどね。

 

これが、輩のやり方。

20年後はちょっと長い。

20年後のライフスタイルは読み切れない。

これがボクの言い分。

 

賢い資産の作り方

なんで月8万稼ぐ資産を作るのに20年かかるか。

銀行に渡す金利なわけです。

2000万の借り入れで20年で返済すると幾ら金利取られるか知ってますか?

500万円です。

 

アホらしい。

時間がかかるとそれだけ多くのお金を取られるわけだ。

資産構築が遅々として進まない。

 

なので個人的にはキャッシュで買うのが一番。

しっかり現金ができてから不動産経営を始めるのがいい。

それまでは別の手段で月8万を稼ぐ。

 

サラリー以外で月8万稼ぐぐらい今の世の中簡単だ。

するとどうだろう、1軒目にかかった19年をすっ飛ばしてイキナリ6年で、最初の不動産という資産が構築できる。

 

これが今日の記事で伝えたかった本当のレバレッジというカラクリの魅力だ。

 

まとめ

資産構築は早いほうがレバレッジが効くのでオススメ。

かと言って銀行からフルローンで不動産経営を始めるのはもったいない。

不動産業界の危険なワナに捕まらないように。

 

 

おすすめ記事一覧

1

落とし物を時々拾うことがあるのですが、そんなときに偶然遭遇したラッキーチャンス。日頃いい行いをするものですね。今日はいつもよりは真面目なハナシです。   物をよくなくす性格目次1 物をよくな ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

夏の高校野球100回大会が終わった。 決勝戦では大阪桐蔭が圧勝したものの、翌日以降メディアで扱われるのは金足農業。 えっ!?大阪桐蔭は春夏連覇だよ。しかも2回目だよ。 強い人よりも成長していく人の方が ...

-不動産

Copyright© 生活レベル上げ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.