生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

メディア論

違和感だらけの朗読劇 | ブログのネタを作る

更新日:

人生初の朗読劇なるものに顔を出した。

普段行かないところ、やらないことをすると視野を広くできてブログのネタも増えるから時々は必要なのだろう。

 

目次

 

 

 

友人の友人がやる舞台に顔を出す

友人の友人となると随分遠い人だ。

会場に着くと自分とは全く世界の異なる人達に囲まれる。

大半は女性だ。

学生っぽい人もいればおばちゃんもいるようだが、恐らくみんな友人なのだろう。

公演初日ということもあってか50席ほどある舞台はほぼ満席。

 

 

違和感を感じつつも舞台が始まるのを待つ。

 

テーマ「犬の殺処分場」

幕が上がり本を持った役者9人が登場する。

 

 

実は連れてこられた身なのでどんなテーマなのかもわからず座っている(笑)

10分ぐらい経ってようやく状況がつかめてきた。

どうやら殺処分される犬をテーマに扱っているようだ。

 

十人十色、今回は九人九色というべきか。

色んなバックボーンを持った犬が登場し、殺処分に対しても肯定する犬、否定する犬、人間に悪意を持つ、人生諦めている、色んな意見が錯綜する。

 

テーマは重っ苦しいが内容は明るくカラッと楽しめた1時間だった。

 

帰りの電車に乗りながら表現方法について考えた。

 

伝え方

役者は9人登場したが全員なんらかの犬なワケだ。

 

犬の会話って、、、聞いたことがないが大した違和感を感じずハナシに入っていけた。

それと同時に犬の気持ちなんて考えたこともなかったが9匹も同時に知れるというのも面白いハナシだ。

 

普段ボクらは犬を飼う立場として考えることはあったが反対側から考えるなんてしてこなかった。

ボクはかつて犬を飼っていたが久しぶりに思い出すキッカケになった。

 

チワワ、名前はチャッピー

今から10年前、結婚して1年経ったぐらいのタイミングだ。

夫婦仲が一気に悪くなったタイミングでもある(笑)

打開策はないかということで投入されたのが生後2ヶ月のチワワ、名をチャッピーと呼ぶ。

 

犬を飼う経験は人生で初めてだったものなのでドッグトレーナーの教室に4,5回通って飼い方を習った。

 

すくすくと成長し立派な大人になったがボクらは大人になれず、それから3年程で離婚。

チャッピーは元奥さんに引き取られ、以降全く会っていない。

今も元気ならもう10才なのか。。。

 

チャッピーは何を思う?

 

「エサをくれてたオッサン顔見なくなったなあ」

「よくカメラ目線を要求されて疲れたなあ」

 

今まで何も考えずやっていたことをふと振り返る。

次、犬を飼う機会があれば接し方も今までと違うのだろうか。

 

朗読劇に行く前はこんなことを振り返るとは全く思わず。

いつもと違う行動をすることで違う気づきがあり面白かった朗読劇。

 

まとめ

ブログの書くネタに困った時は友人の友人の舞台にでも顔を出してみよう。

きっと得られるものもあるはず。

そこに意味はなくても。。。

 

おすすめ記事一覧

1

落とし物を時々拾うことがあるのですが、そんなときに偶然遭遇したラッキーチャンス。日頃いい行いをするものですね。今日はいつもよりは真面目なハナシです。   物をよくなくす性格目次1 物をよくな ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

夏の高校野球100回大会が終わった。 決勝戦では大阪桐蔭が圧勝したものの、翌日以降メディアで扱われるのは金足農業。 えっ!?大阪桐蔭は春夏連覇だよ。しかも2回目だよ。 強い人よりも成長していく人の方が ...

-メディア論

Copyright© 生活レベル上げ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.