生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

メディア論

マンガとジュースが同じ値段になる日

更新日:

無料でマンガが読めたり、無料で映画が見れたり、無料で音楽が聴けたり。

権利問題がまだまだ課題だけどお金を払って買っていたものがどんどん無料に。

消費者であるボクらは賢く活用していきたいものだ。

 

 

目次

 

 

 

アルバムがYoutubeで聞ける

ブログを書くときボクは音楽をかけている。

今、聞いているのは「My Little Lover」

デビュー当時から大好きでCDをTUTAYAでレンタルしてダビングしてめっちゃ聞いていた。

ダビングする機械もカセットテープ→MD→CD→iTunesで保存などなど変わっており、探せばあるんだろうけど探すのメンドクサイ。

 

 

今はYoutubeで「My Little Lover」と検索すると往年の名曲がズラっと。

1曲ずつ再生するのが面倒なのでまとめてくれている人もいたり。

版権とか大丈夫なのか?と思いながら再生。

ネットがつながるって便利。

 

 

ジャニーズ事務所に所属するグループは厳しく取り締まっているのだろうかYoutubeで探しても見つからない。

がしかし、90年代、2000年代、大好きだったアーティストならだいたいが探せば出てくる。

 

CD買う必要もなければiTunesでダウンロードする必要もない。

もちろんTSUTAYAでレンタルする必要もない。

 

漫画村騒動

少し前に漫画村という漫画を違法にアップロードしているサイトがあった。

大抵の漫画なら1クリックで見ることができる。

ドラゴンボール、スラムダンク、ワンピース、などなど漫画村で読み返しては徹夜して後悔(笑)

 

 

海外のサーバだったらしく日本の法律で取り締まることができないとか。

政府主導で日本からのアクセスを制限するようにインターネット事業者に指示し今は見れません。(残念)

 

ボクがよく行く床屋にスラムダンク全巻が置いてあるのでそこで楽しんでます。

インターネットでマンガを読むのはダメだけど

床屋で読むのはOKなんだというちょっとした疑問を感じながら。

 

 

コンテンツの価値

 

技術の発展とユーザのニーズからこれまでの価値観がどんどん変わってきている。

マンガは1冊400円、CDは1枚3000円だったボクの学生時代が懐かしい。

当時はそれが当たり前と思っていたのでお金を払って買っていたけど。

 

ちょっと探せばタダで見れるところが見つかる2018年。

お金を払うのに抵抗を示す人たちが増えるのも無理はない。

 

コンテンツにお金を払わないと業界が潰れてしまうなどと声高に叫ぶお偉いさんもいるけれど、消費者からすれば便利なんだもん。

無料の流れを止めることはできないだろう。

 

コンビニや本屋さんで漫画を置くのも400円だとちょっと高い気が。

紙代、印刷代もあるからタダとは言わないけど100円ぐらいで売っていかないと漫画村みたいなところに全部持っていかれそうな気がする。

 

まとめ

床屋で髪を切ってもらいながらマンガ読むんだけど話しかけてこられて集中して読めないときありません?

やっぱりマンガ買って帰ろうかなと思ったりする今日この頃です。

 

おすすめ記事一覧

1

落とし物を時々拾うことがあるのですが、そんなときに偶然遭遇したラッキーチャンス。日頃いい行いをするものですね。今日はいつもよりは真面目なハナシです。   物をよくなくす性格目次1 物をよくな ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

夏の高校野球100回大会が終わった。 決勝戦では大阪桐蔭が圧勝したものの、翌日以降メディアで扱われるのは金足農業。 えっ!?大阪桐蔭は春夏連覇だよ。しかも2回目だよ。 強い人よりも成長していく人の方が ...

-メディア論

Copyright© 生活レベル上げ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.