生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

転職

正社員といえど3か月後に何をしているか分からない時代

投稿日:

3か月で会社を辞めちゃったハナシ。

入社して1か月で偉そうに見切りをつけてしまったあの時を反省。

 

 

目次

 

 

入社後最初の3か月がキモ

仕事を始めるといい意味でも悪い意味でも

「こんなはずじゃなかった」

 

イメージと現実のギャップに驚くタイミングがやってくる。

3か月を過ぎるころから徐々にギャップが減ってくる。

1年、3年と継続するとまた新しいギャップにも気づくだろうがインパクトは小さい。

最初の3か月が山だ。

 

 

転職する際にトレーニング期間として3か月間設けるところが多い。

もちろん、トレーニング期間なしもあるがそれでは、雇い主、働き手双方にリスクを抱えることとなる。

という意味でも3か月間は程よい期間。

 

業界の基準を伝えておきながら、お恥ずかしい話、入社1か月で偉そうに見切りをつけたときがあった。

 

上司とソリが合わない

どこの世界でもある話だ。

上司と部下。

立場が違う、役割が違う、そりゃ言うことも違う。

ソリが合うとしたらそれは上司が上司としての役割を果たしていないか、部下が既に上司と同じ目線で仕事デキちゃってるかのどっちかだ(笑)

 

今回のケースで言うと一つ不運だったのは面接をした人と現場の上司が異なっていたということだ。

ソリが合わなかったのは上司と部下だけでなく、面接官と現場の上司もソリが合っていなかったということ。

 

求められるスキルも違うし、求められた仕事内容もズレている。

 

最初からバタバタ。

1か月経つ頃には自分の今後の進退の話が出た。

 

3か月で終了

話は少し戻るが。

入社した企業はインターネットを使ってサービスを提供するところ。

それまで自分はIT業界でプログラマーとして仕事をしていたのでITという括りでは一緒。

 

実際に入社してみるとプログラミングというよりもデザインよりの話に終始。

 

「画面の右端にはメニューボタンを設置して」

「写真の画像サイズは1024 * 864」

「ボタンは青よりもやまぶき色がいい」

 

同じITと言えど全く仕事内容が異なる。

ほとんど組織にいい影響を与えることはできなかった。

 

自分自身も畑が違うということでMTGでもほとんど喋らず。

時間だけが過ぎていく。

完全に心ここにあらず。

 

 

2か月目で終了のブザーが鳴り、3か月目で机のお片付けをして去った。

3か月目は次の就職先を探すのにバタバタ。

が、何とか就職先見つかったのは救い。

 

 

捨てる神あれば拾う神あり

 

 

今の時代、安定なんてどこにもないのだろう。

3か月先に何が待っているのか読んでるアナタにも突然やってきます。

 

まとめ

無期限契約の正社員。

といえど3か月後に何をやっているのかは分からない時代。

フットワーク軽く行動していきたいですね。

 

 

 

 

おすすめ記事一覧

1

寄生獣をマンガ喫茶で読んだが主人公はミギーではなく田宮良子だろう。 それに気が付いたのは寄生獣を読んでから10年経った今だが(笑)   目次目次1 目次2 寄生獣3 田宮良子4 生きる目的5 ...

2

課長島耕作を読んで思ったのは主人公は島耕作ではなく中沢部長に違いない。   目次目次1 目次2 課長島耕作3 上司に恵まれない島耕作4 中沢部長5 救世主6 まとめ7 オススメ   ...

3

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

-転職

Copyright© 生活レベル上げ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.