登場人物紹介 | 総合宣伝課(12巻後半~15巻)

 

 

※カッコ内は登場したタイミングでの年齢を示しています。

 

八木 尊(やぎ たかし)

 

初芝電産 営業本部 販売助成部 総合宣伝課長代理(37)

 

ハーバード大学ビジネススクール卒業。ハツシバ・アメリカより転属。

 

初芝社長賞3回、離婚歴2回。現在は既婚なので3回目の結婚になる。

 

渋谷に建てたイベントスペースの運営をメインに手掛けるタイミングで主に登場。

 

利用者のチェックが甘く暴力団関係者にイベントスペースを貸し出すことになったが島耕作と連携し無事解決。

 

経歴だけを見ると破天荒で突っ走るタイプかと思いきやコミュニケーションを取って仕事をするあたり徐々に丸くなってきたということなのか。

 

 

 

 

星 康夫(ほし やすお)

 

初芝電産 営業本部 販売助成部 総合宣伝課 主任(32)

 

東北大学法学部卒業。ビデオ事業部経理部より転属。

 

社内の経理コンクールで2回優勝、3回準優勝の経理のスペシャリスト。

 

司法試験にも合格したが、司法研修生時代に酔って傷害事件をおこし法律家の道を絶たれた。

 

無断欠勤が多く始末書7枚。協調性なしと人事ファイルに書かれているが、総合宣伝課の初日は始業時間の1時間半前に出社。

 

川沿いにHATSUSHIBAのロゴとともに建てたオブジェをメインに担当していた。

 

 

 

 

佐々木 元之(ささき もとゆき)

 

初芝電産 営業本部 販売助成部 総合宣伝課(27)

 

熊本工大卒業。技術本部情報部より転属。

 

多数のゲームソフトを開発しており年収2億円以上でコンピュータに精通している。性格は図太い。女性問題多数。

 

主にカーレースのプロジェクトで登場。

 

マンセル・小野たちと協力してM3のクラスで優勝。

 

優勝するレースの前日はレースに花を添えるレースクイーンに手を出している。

 

 

関連する人物:

 

マンセル・小野

 

 

 

鏡 晴美(かがみ はるみ)

 

初芝電産 営業本部 販売助成部 総合宣伝課(26)

 

京都大学理学部卒業。生産科学研究所より転属。

 

英検1級。酒豪、将棋3段、ゴルフのハンディキャップは16。性格は男性的。

 

遅刻の常習犯で過去に6階の賃金カットありと人事ファイルには書かれているが、総合宣伝課の初日は始業の30分前に到着。

 

ジェフリー・ホプキンス(ジェフ)とは恋人の中。そのおけげで島耕作は3度助けられている。

 

ジェフの息子からも好かれており、大町久美子がニューヨークで花嫁修業をしている間のヒロイン的ポジションを担った。

 

 

関連する人物:

 

ジェフリー・ホプキンス

マーク・ホプキンス

 

 

田所(たどころ)

 

大泉社長の専属運転手

 

大泉裕介が脳出血で倒れたシーンで登場。

 

 

関連する人物:

 

大泉 笙子

大泉 裕介

 

 

斉藤 和彦(さいとう かずひこ)

 

初芝電産 副社長

 

大泉社長が脳出血で倒れたことにより今後の社長を誰が担うか木野会長含め打合せ

 

 

関連する人物:

 

大泉 裕介

木野 穣

 

 

井上 元(いのうえ げん)

 

初芝電産 副社長

 

大泉社長が脳出血で倒れたことにより今後の社長を誰が担うか木野会長含め打合せ

 

関連する人物:

 

大泉 裕介

木野 穣

 

 

渡辺 弘幸(わたなべ ひろゆき)

 

初芝電産 副社長

 

大泉社長が脳出血で倒れたことにより今後の社長を誰が担うか木野会長含め打合せ

 

関連する人物:

 

大泉 裕介

木野 穣

 

 

 

マンセル・小野(まんせる・おの)

 

ゼネラル・マネージャー兼チーム監督

 

ハツシバチームの監督。元レーサー。

 

ソラー電機がスポンサーとなってるチームドライバーの稲垣(別名:ヤナガキ)がライバル。

 

キャンギャルの選考をしつつ選んだ女性をレース前日にホテルの部屋に呼び出すという男くさいキャラクター。

 

 

関連する人物:

 

稲垣

 

 

 

秋山(あきやま)

 

ソラー電機 課長

 

ライバル企業。チームドライバーの稲垣を連れてきた飲み屋で島耕作と偶然会う。

 

「うちに勝つには10年早いですよ。」という高飛車なアドバイスを島耕作に送る。結果的には、初戦でハツシバのチームが優勝してしまったが。

 

 

関連する人物:

 

稲垣

 

 

稲垣(いながき)

 

ドライバー

 

ソラー電機がスポンサーをしているチームのドライバー。マンセル・小野いわく、別名「ヤナガキ」

 

 

関連する人物:

 

マンセル・小野

秋山

 

 

ジェフリー・ホプキンス

 

不動産会社の経営

 

ロサンゼルスで不動産会社を経営していると島耕作と初めて出会ったときは紹介したが、実際はロサンゼルスのマスコミを仕切っている人。

 

島耕作の部下である鏡晴美とは5年来の付き合い。ハツシバチームのドライバーとして息子のマークを紹介したことから関係が始まる。

 

人脈が広く、コスモス買収の際のマスコミのコントロールや、ハリウッドの有名プロデューサー(エドワード・コナー)の紹介など、島耕作の仕事を何度か助ける。

 

関連する人物:

 

鏡 晴美

エドワード・コナー

 

マーク・ホプキンス

 

レーサー

 

アリゾナ州のツーリングカーレースで無敵を誇っていた。

 

ハツシバチームが優秀なドライバーを探している中、鏡 晴美を経由してジェフリー・ホプキンスの息子に白羽の矢が立った。

 

富士スピードウェイでの練習初日に4470mのコースを1分36秒台で走りチームメンバーの度肝を抜いた。腕前は一流。

 

レース本番でも無敵を誇っていたソラー電機を破りM3クラスで優勝。

 

その後、鏡晴美が好きで告白するが振られ、チームドライバーを辞め、国に帰る。

 

 

関連する人物:

 

ジェフリー・ホプキンス

鏡 晴美

 

 

田名網 敬子(たなあみ けいこ)

 

丸鍋田名網 女将

 

渋谷にあるすっぽん料理の女将。中沢部長がひいきにしている。昔の東宝のニューフェイス(新人のなかのグランプリ)

 

M3のレースで優勝した際に中沢部長が招待した。帰りがけ荷物をお店に置き忘れた島耕作が戻るとお店は閉まっており女将と二人きりで飲むことに。

 

そして一夜を共にする。

 

子供の頃、貧乏だったことからお金や仕事に関してはこだわりを持っている。島耕作は「大好きになった」と女将のことを評価していたがその後出番なし。

 

関連する人物:

 

中沢 喜一

 

 

 

新井 淳子(あらい じゅんこ)

 

株式会社東京商業交易

 

新宿ショールームで働いていた。今野にセクハラをされ先輩社員に相談し、今野に抗議したところ6か月間の試用期間を持って採用取り消しとなった。

 

その後、現在の職場で働いている。

 

採用取り消しそのものにあまりこだわりはなく、早く過去を忘れたいという思いからハツシバのショールームに戻る気持ちはない。

 

 

関連する人物:

 

今野 輝常

 

 

 

泉(いずみ)

 

ハツシバ・アメリカ ロサンゼルス支社

 

ロサンゼルスに出張した中沢部長と島耕作をサポートする現地のスタッフ。

 

妻と子供2人、郊外の一軒家で生活している。コスモスの副社長ロイス・スキャットマンや東立電工の野瀬らと結託し、初芝電産のコスモス買収を妨げようとするスパイとして動いていた。

 

スパイの存在に気付いた中沢部長によってニセの情報を掴まされ、あえなく終了。

 

入札が終わり初芝電産の買収が決定したのちに、中沢部長から辞表を出すよう言い渡された。

 

 

関連する人物:

 

上司 : 脇田 直江

ロイス・スキャットマン

野瀬 健三

 

 

脇田 直江(わきた なおえ)

 

ハツシバ・アメリカ ロサンゼルス支社長

 

ロサンゼルスに出張した中沢部長と島耕作をサポートする現地のスタッフ。泉がロイス・スキャットマンのスパイだということは最後まで知らなかった。

 

 

関連する人物:

 

 

 

 

ロイス・スキャットマン

 

コスモス 副社長

 

コスモス買収の窓口役員。東立電工と結託し買収によって見返りが発生するよう仕組んだ。

 

表向きは公正を期すよう初芝電産と東立電工の入札方式をとったが、中沢部長が流したガセの情報を泉経由で信用してしまったため、僅差で初芝電産が入札で勝ってしまった。

 

その後、クビになって買収の調印式では別の人物が登場。

 

 

関連する人物:

 

ビル・ウイリアムス

シドニー・ガンビーノ

野瀬 健三

 

ビル・ウイリアムス

 

コスモス 副社長

 

ロイス・スキャットマンと一緒に東立電工と結託。

 

関連する人物:

 

ロイス・スキャットマン

 

 

シドニー・ガンビーノ

 

コスモス 広報担当重役

 

ロイス・スキャットマンと一緒に東立電工と結託。

 

関連する人物:

 

ロイス・スキャットマン

 

 

野瀬 健三(のぜ けんぞう)

 

東立電工 副社長

 

ロイス・スキャットマンと結託しコスモス買収に動く。

 

銀座7丁目のセッテイモというお店に来ているところをアーバンリサーチの木暮と島耕作の部下である八木に見つかる。

 

ロサンゼルスに行く話を嬢にしており、コスモスと東立電工で買収の話が進んでいることを知った。壁に耳あり障子に目ありとはまさにこのこと。

 

関連する人物:

 

ロイス・スキャットマン

 

 

泉の妻

 

泉が中沢部長を自宅に招待した際に登場。

 

関連する人物:

 

 

 

バクスター・ゴードン

 

コスモス 会長

 

コスモスが初芝電産に買収の提案を持ち出した張本人でありコスモスの創業者。

 

副社長であるロイス・スキャットマンをあまり信用していない。

 

無類の人嫌いで執事と二人きりで暮らしている。1日に2本映画を見ている。現代でいうところの引きこもり。

 

日中は浮浪者の格好をして路上に出て道行く人を眺めて時々、お金を恵んで欲しいと演技をし、人々の反応を見て楽しんでいる。

 

島耕作と大町久美子も偶然道で出会い、「10ドル欲しい」と言ったところ、100ドルを渡した大町久美子にビックリした。

 

関連する人物:

 

ロイス・スキャットマン

大町 久美子

 

 

ジョン・バーナード

 

コスモス 副社長

 

ロイス・スキャットマンが会社を辞めた後の副社長。コスモス買収の調印式にてバクスター・ゴードンと一緒に登場。

 

関連する人物:

 

バクスター・ゴードン