生活レベル上げ

生活レベル1の主人公が今日もフィールドに出て便利なアイテムをゲットします。

不動産

1人で外食ができない悩み

更新日:

料理が苦手男子において外食の楽しみ方は必須科目だ。外食を楽しめるものは人生を制する。今日はそんなハナシです。

目次

 

知らないお店に入る不安

一番の悩みはコチラでしょう。例えば、お店のノレンをくぐってみる。

その1)

運良く座れたとして、店員さんが注文にやってきたときに初めて見るメニュー、すぐに注文を決められない。

その2)

周りに座っている人達が常連ばかりで、「なんだ、この見かけねえヤツは」という白い目で見られる

その3)

思ったほど美味しくない。

 

ノレンをくぐる前にこんなことを想像してしまう。ドアに手をかけたところでギブアップ、「他のところにしよう」しばらく歩き雰囲気の良さそうなお店を見つける。ドアに手をかけたでギブアップ、「他のところにしよう」ドアに手をかけたところでギブアップ、「他のところにしよう」しばらく歩き雰囲気の良さそうなお店を見つける。

ループ

そうしてお店難民と化する。安西先生に励ましの言葉を頂くがそれでもお店のノレンはまだくぐれない。

 

 

お店の研究

そんなボクも本屋で時々立ち読みしてお店の研究をしている。近所の美味しいお店に言ってみたいなあと。食事のレパートリーを増やしたいということもあるし、もしも女性と食事に行くことがあればという両方の意味でだ。

 

 

美味しそうなカフェや美味しそうなステーキ屋を見ていると、気がついたら幾つもページを折っていた。週末になって早速雑誌を持ってお店に突撃する。お店の前には既にお客さんが並んでいる。さすが人気店。胸が高まる。ボクも列に並び順番を待つ。

すると、ボクの後ろにもドンドン人はやってくる。すごいなあ、を後ろの方を眺めていると、、、カップルばかり。オトコ1人で来ている人を見つけようとするが、、、いない。急に動揺する。「やべえ、こいつら絶対オレのこと、心の中で笑っている。。。」

卑屈になったボクは電話がかかってきたフリをして急いでその場を立ち去った。

f:id:pubken01kun:20180430200554j:plain

後輩に居酒屋に連れてってもらう

そんなボクが仕事帰りに後輩と居酒屋に行ったときだ。いつものハイボール280円の鳥◯族に向かったのだが、めちゃ混んでいる。席があくまで30分はかかると言われたのでボクらはあきらめて他のお店を探すことに。

後輩が見つけたのはいかにも怪しい雰囲気。ボクは立ち去ろうとすると、後輩は料金交渉を始める。2時間飲み放題1000円。破格の条件をまとめてお店に入ろうとする。ボクはしょうがなく後ろをついていき怪しいお店に入った。たいした抵抗もなく怪しいお店を楽しむことができ、しかも料金もさほどいつもと変わらずで満足できた。

 

その後

次の週、再び、新しいお店に入ろうとチャレンジしたものの、、、やはりノレンをくぐるまえに引き返してしまった。ボクの場合は誰かに背中を押してもらわないとダメなんだろうな。

「後輩よ頼んだ!笑」

おすすめ記事一覧

1

落とし物を時々拾うことがあるのですが、そんなときに偶然遭遇したラッキーチャンス。日頃いい行いをするものですね。今日はいつもよりは真面目なハナシです。   物をよくなくす性格目次1 物をよくな ...

2

かつてTBSでやっていたドラマ「ケイゾク」 主役級のポジションで登場する渡部篤郎の住んでいるアパートが生活感なさすぎてビックリしたハナシ。   目次目次1 目次2 未解決事件を担当する「ケイ ...

3

夏の高校野球100回大会が終わった。 決勝戦では大阪桐蔭が圧勝したものの、翌日以降メディアで扱われるのは金足農業。 えっ!?大阪桐蔭は春夏連覇だよ。しかも2回目だよ。 強い人よりも成長していく人の方が ...

-不動産

Copyright© 生活レベル上げ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.