ダブルフェイスに登場する小日向文世が最高にイケてる

ダブルフェイスに登場する小日向文世が最高にイケてる

横浜を舞台にしたテレビドラマ「ダブルフェイス」

主役である西島秀俊、香川照之もカッコいいけど、

今回のMVPは小日向文世でしょ。

 

目次

 

 

 

あらすじ

麻薬を扱う暴力団とそれを追いかける警察のお話。

その暴力団のトップをやっているのが小日向文世。

んで、その横にいるのが主人公の西島秀俊。

 

ぱっと見、隣にいるということは西島秀俊も暴力団の一員か?

と思いきや、本当の顔は潜入捜査員。

要は警察の人というわけだ。

 

じゃあ、香川照之は何役?

警察手帳を持っているので警察の人。

なんだが、実はこれも表向きの顔。

本当のボスは小日向文世で、警察内部に潜り込み警察の動きを追っかけている。

 

騙し合い、心理戦が最高に面白い映画だ。

 

小日向文世の存在感

麻薬を扱う暴力団。

まあ基本的にはいい役ではない。

が、彼らにも光を当てているのがこの映画の面白いところ。

 

香川照之がまだ警察ではない、ただのチンピラ時代。

ボスである小日向文世と出会うシーンがある。

 

彼らがどういう立場に置かれているのか

生き残っていくのにどれだけ必死なのか

 

大抵の映画であれば警察側に焦点当てすぎだが

この映画は両方を平等に扱っているところがいい。

 

そして背景を知ると彼らを応援したくなる。

(決して暴力団や麻薬を肯定してるわけではないけど)

 

そしてヘマをする部下に対して笑顔で殴りつける(笑)

こんな役ができるのは彼ぐらいしかいないのだろうか。

 

原作はインファナル・アフェア

香港の映画「インファナル・アフェア」が原作。

 

 

ダブルフェイスは舞台と役者だけ変えてほぼ忠実に再現している。

 

インファナル・アフェア=無間地獄

という意味らしい。

 

なんとも物騒なタイトル。

ではあるが、実際に映画を見ていただくとその意味がわかるだろう。

 

決してハッピーエンドな映画ではない。

ある意味、現実に即した映画といえる。

 

そういう意味ではタイトルの付け方には少し残念。

ダブルフェイス。

 

表の顔、裏の顔という意味では王道なタイトルの付け方だけど

ちょっと安直すぎたかなあ。

原作を3回も見てしまっている人間なんでついつい気になる。

 

まとめ

 

インファナル・アフェアを見ていない方はぜひダブルフェイスで。

日本人で日本を舞台にしているのでとっつきやすいかと。